×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

日刊youtubeアニメ フランダースの犬

フランダースの犬をご存知でですか。
フランダースの犬について詳しく紹介します。


フランダースの犬

フランダースの犬(原題:A Dog of Flanders)は、イギリスのウィーダ(Ouida)の書いた童話。物語の舞台はベルギー北部のフランダース(フランドル)地方。現在では、ホーボーケン(Hoboken)が主人公たちが生活した村のモデルと考えられている。ウィーダがこのフランダースの犬を執筆した頃には、ホーボーケンにはまだ風車が残っていて、アロアのモデルと思しき女の子がいたことも確認されている。
フランダースの犬の原作が書かれたのは1872年。日本語版は1908年(明治41年)に初めて『フランダースの犬』(日高善一 訳)として内外出版協会から出版された。当時は西洋風の固有名詞が受容されにくいと考えられ、ネロは清(キヨシ)、パトラッシュは斑(ブチ)と訳された。さらに昭和初期には、1929年の『黒馬物語・フランダースの犬』(興文社、菊池寛 訳)、1931年の『フランダースの犬』( 玉川学園出版部、関猛 訳)など他の訳者によって出版された。
フランダースの犬は1950年以降は、童話文庫・児童向け世界名作集の作品として多くの出版社から出版されている。

『フランダースの犬』は、1975年1月5日から同年12月28日までにフジテレビ系列の「世界名作劇場」枠で放映されたテレビアニメシリーズ。フランダースの犬の原作は同名の小説『フランダースの犬』。オープニングでの原作のクレジットはウィーダの本名ルイス・ド・ラ・ラメー。制作は日本アニメーション。
フランダースの犬の概要は、その救われない物語から、本放送から30年以上を経た現在でも広く知られている。特にラストシーンは悲劇の代表格として語られ、「なつかしのアニメ名場面特集」などの特番では定番シーンとなっている。本放映時も、ストーリーが悲劇的になるにつれ、テレビ局に主人公ネロが助かるよう嘆願する手紙が殺到した。最終回の視聴率はビデオリサーチ・関東地区調べで30.1%を記録。これは「世界名作劇場」枠内アニメの視聴率の最高記録である。

原作とはかなりの相違点がある。その中でも大きいのは、原作は風車小屋の火災前くらいからスタートしているため、シリーズの大半(第42~43話まで)がアニメオリジナルのストーリーで占められている点。世界名作劇場では、主人公の性別が変えられたりすることはあっても、ここまでオリジナルストーリーが続く作品は少なく、異質の作品と言える。またその火災も、フランダースの犬の原作では大火事ではなく、しかも保険金が支払われている。
ネロやアロアの年齢設定にも差異があり、原作ではネロは15歳、アロアは12歳だった。物語内の年代ではネロは自活が充分可能な年齢であり、原作では選択の余地があり、天に召されることを選んだようである。副題も“クリスマスの話”となっている。これがアニメでは、そうする以外の選択肢を閉ざされて行く展開となっており、悲劇性が格段に増している。

しかも、フランダースの犬の原作ではジェハンじいさんはネロが小さいころに、もうすでに動ける状態ではなかった模様。パトラッシュを拾ってきた経緯は変わらないものの、拾ってきた年代が異なり、フランダースの犬の原作ではパトラッシュはネロが2歳のころにジェハンじいさんが金物屋から譲ってもらったものである。厳密には法外な取引をしたと思われるが、その内容についてはフランダースの犬の作中にない。

この金物屋の処遇も異なり、フランダースの犬の原作では酔っ払った勢いで起こした喧嘩によって殺されているようである。また、アニメオリジナルキャラクターが多数登場している。これは次回作「母をたずねて三千里」でも同様である。
フランダースの犬は世界名作劇場唯一、主人公が字を書けた、読めたという立証性がない作品である。フランダースの犬の作中では読んだり、書いたりしているシーンもあるが、描写も場面ごとの不一致が多く、かつ明確に裏付けるシーンがない。


フランダースの犬・オープニング


The Dog of Flanders Japanese Version


The Dog of Flanders: Opening (with Eng Translation)



⇒⇒⇒ 日刊youtubeアニメ大事典へ


日刊youtubeアニメ スパロボ参戦日刊youtubeアニメ 機動戦士ガンダム日刊youtubeアニメ ドラゴンボール日刊youtubeアニメ モンスターハンター日刊youtubeアニメ ポケットモンスター日刊youtubeアニメ ドラえもん日刊youtubeアニメ ルパン三世日刊youtubeアニメ プリキュア日刊youtubeアニメ BLUE DRAGON日刊youtubeアニメ ゲゲゲの鬼太郎日刊youtubeアニメ 鉄腕アトム日刊youtubeアニメ 超時空要塞マクロス日刊youtubeアニメ 超時空騎団サザンクロス日刊youtubeアニメ アンパンマン日刊youtubeアニメ ミッキーマウス日刊youtubeアニメ 涼宮ハルヒ日刊youtubeアニメ 花とゆめ日刊youtubeアニメ 宇宙戦艦ヤマト日刊youtubeアニメ 名探偵コナン日刊youtubeアニメ しましまとらのしまじろう日刊youtubeアニメ バーバパパ日刊youtubeアニメ おじゃる丸日刊youtubeアニメ うっかりペネロペ日刊youtubeアニメ スーパー戦隊日刊youtubeアニメ ウルトラマン日刊youtubeアニメ 仮面ライダー日刊youtubeアニメ ロックマンエグゼ日刊youtubeアニメ 甲虫王者ムシキング日刊youtubeアニメ サザエさん日刊youtubeアニメ 魔法使いサリー日刊youtubeアニメ 美少女戦士セーラームーン日刊youtubeアニメ まるまるちびまる子ちゃん日刊youtubeアニメ おねがいマイメロディ日刊youtubeアニメ ムーミン日刊youtubeアニメ シティーハンター日刊youtubeアニメ ARIA The ANIMATION日刊youtubeアニメ シュガシュガルーン日刊youtubeアニメ 灼眼のシャナII日刊youtubeアニメ スプーンおばさん日刊youtubeアニメ サイボーグ009日刊youtubeアニメ 赤毛のアン日刊youtubeアニメ 金田一少年の事件簿日刊youtubeアニメ マジンガーZ日刊youtubeアニメ BLUE DROP日刊youtubeアニメ ef - a tale of memorie日刊youtubeアニメ かわいいジェニー日刊youtubeアニメ 銀河鉄道999日刊youtubeアニメ ケロロ軍曹日刊youtubeアニメ ゴルゴ13日刊youtubeアニメ ヒートガイジェイ日刊youtubeアニメ 幕末機関説いろはにほへと日刊youtubeアニメ ブラックジャック日刊youtubeアニメ ふしぎの海のナディア日刊youtubeアニメ 愛の若草物語日刊youtubeアニメ あらいぐまラスカル日刊youtubeアニメ トラップ一家物語日刊youtubeアニメ フランダースの犬日刊youtubeアニメ ペリーヌ物語日刊youtubeアニメ ふたりはプリキュア日刊youtubeアニメ アルツハイム日刊youtubeアニメ ああっ女神さまっ日刊youtubeアニメ らき☆すた日刊youtubeアニメ 乙女はお姉さまに恋してる日刊youtubeアニメ 浦安鉄筋家族日刊youtubeアニメ 超時空世紀オーガス日刊youtubeアニメ コードギアス 反逆のルルーシュ日刊youtubeアニメ 風の谷のナウシカ日刊youtubeアニメ 天空の城ラピュタ日刊youtubeアニメ となりのトトロ日刊youtubeアニメ 私のあしながおじさん日刊youtubeアニメ 笑ゥせぇるすまん日刊youtubeアニメ 新世紀エヴァンゲリオン日刊youtubeアニメ タッチ日刊youtubeアニメ ハウルの動く城日刊youtubeアニメ 崖の上のポニョ日刊youtubeアニメ ゲド戦記日刊youtubeアニメ 魔法騎士レイアース日刊youtubeアニメ ひみつのアッコちゃん日刊youtubeアニメ 忍たま乱太郎日刊youtubeアニメ ハクション大魔王日刊youtubeアニメ ギャートルズ日刊youtubeアニメ 宇宙海賊キャプテンハーロック日刊youtubeアニメ マグネロボ ガ・キーン日刊youtubeアニメ デルトラ・クエスト日刊youtubeアニメ ハヤテのごとく!日刊youtubeアニメ のだめカンタービレ日刊youtubeアニメ 爆裂天使日刊youtubeアニメ 創聖のアクエリオン日刊youtubeアニメ 結界師日刊youtubeアニメ スカイガールズ



Copyright(C) 日刊youtubeアニメ フランダースの犬 All rights reserved